空想科学祭FINAL感想掲示板

空想科学祭FINALにようこそ!
今回は、作者側から事前に「感想耐性レベル」を伺っています。
詳しくは、企画サイトの作品リストをご覧ください。
なお、スレッドは実行委員会で立てますので、ご了解ください。


★読者さんにお願い★
・耐性レベルより辛口の感想をつけないように配慮する。
・誹謗中傷にあたるような書き込みをしない。
・他人の書き込みに、いちゃもんをつけない。

★作者さんにお願い★
・作者からのレスは、企画終了後に纏めておこなうこと。
・自分の示した耐性レベルより
  辛口ではないかと思われる感想が書き込まれても逆上しない。


[1019] 返信です Name:HAL.A 2012/10/01(月) 00:10
 こちらで感想・ご指導をくださった方々はもちろんのこと、お読みいただいた方々、ツイッターや他の場所でお声をかけてくださった方々、みなさまに感謝したいです。
 わたしは去年が初参加で、最後の二年間で勉強させていただいたことになりますが、得難い経験をさせていただきました。また、すぐれた書き手の方々とお知り合いになれたことも大きな喜びでした。とても有難い機会をいただきました。本当にありがとうございました!


 以下、個別の返信になります。


> 流山晶さま

 感想ありがとうございます。
 舞台については、本当だったら書きたかった設定がもっとたくさんあったのに、思うように盛り込み切れなくて悔しかったのですが、お言葉に報われる思いです。
 反面、やはり削りきれなくて仰るとおり序盤が冗長になってしまい、自覚はあったのにもかかわらず、しっかり絞り込みきれませんでした。この悔しさを胸に刻んで、次に書くものに多少なりと活かしたいです。
 もったいないようなお言葉を頂戴しました。ありがとうございました!


> 緑乃帝國さま

 ありがとうございます。まだ書きあげて間もなくのナーバスになっていた時期に、思いがけず力強いお褒めの言葉をいただいて、おおいに励まされました。感謝です!

 すべての主要人物に救いのある結末、これはもうそのように書こうと思っていました。困難を乗り越えてのハッピーエンド、というものがなかなか書けずに、自分の中でひとつの壁になっていました。挑んではみたものの、結果的には充分に書きこみきれず、悔いになってしまいました。お言葉を拝読すると、もしかしてこちらの力不足で充分に表現できていなかった部分まで、拾っていただけたのかなと思います。

 ご指摘の点については、拝見して思わず顔が赤くなりました。まったくもってお言葉の通りで、お恥ずかしい限りです。精進します。
 ありがとうございました!


> ゲゲゲの戯さま

 去年に引き続き早くから読んでいただいて、その上に温かいお言葉まで頂戴しまして、本当にありがとうございました!

 恥ずかしながら発想力が貧困で、独創的なアイデアであるとか、凝ったプロットというものが、最も苦手とする分野です……。ここはひとつ居直って、ベタだろうがなんだろうが真っ向勝負するほかないという気持ちがありました。結果的に力が足りず、ちっとも思うように書けませんでしたが、いい経験になったと思います。

 ご指摘についてもありがとうございました。汗顔の至りです。エイッティオ=ルル=ウィンニイには自分では一番好きなキャラクターで、彼の登場するシーンが、実は一番気合が入っていました。その分だけきっちり筆が上滑りした格好です。
 ご指摘、今後に活かしていきたいです。ありがとうございました!


> 鄭文ういなさま

 感想ありがとうございます。人類滅亡後の地球を想像されたとのお言葉に、「ああーしまった!」と画面の前で声を上げてしまいました。自分があらすじを読まない派というのもあってか、どうもあらすじや紹介文の類が苦手で、いつも何かしら失敗してしまいます。ありがとうございます。
 ジンの家族の件についても。ジンが姉にあてて返信を送るエピソードを入れるつもりでいたのが、いざ書いてみれば、差し込むタイミングを見つけきれませんでした。反省です。

 異星人から地球人を見た小説は案外少ないというお言葉に驚いて、思わず自分の本棚をチェックしてしまいました。いわれてみれば、あまり見かけないような。(探せばどこかにあるのでしょうが……)
 本当なら異星人というものは(それも鳥類であるならば)、もっと異質な思考回路を持っているのではないかという気持ちがあります。エトゥリオルについては、飛べないという特質のためかトゥトゥにしては随分「地球人的な」性格をしている、というフォローをかろうじて捩じ込みましたが、我ながら苦しい言い訳だったなと思います。ましてエイッティオ=ルル=ウィンニイやギイ=ギイに至っては、そういう言い訳も通用しないですし(汗)彼らも生物である以上、いくら環境が違っていてもある程度の相似は見られるだろう、けれどこんなに地球人的ではないだろうなと思います。そういう部分の表現をきちんと出来なかった自分の想像力の限界も、後悔のひとつでした。

 なにやら言い訳がましい返信になってしまいました……お恥ずかしいです。一気読みできたとのお言葉、とても嬉しかったです。ありがとうございました!


> 招夏さま

 ありがとうございます。エイッティオ=ルル=ウィンニイがお気に召していただけたとのこと、すごく嬉しいです。

 ネーミングを褒めていただいたことも、とても嬉しかったです。登場人物の名づけがうまくいかないと話が書けないタイプの人間なので、いつもいろいろと悩むのですが、トゥトゥの三人は早い段階ですんなり決まりました。エイッティオ=ルル=ウィンニイについては……登場するだけでむやみに文字数を食う男になってしまいましたが(笑)

 ジンの家族の件、ジンが姉に返信する場面を入れるつもりでいたのが、いざ書いてみれば、入れられませんでした。構成力というものが足りず、ほかにも色々書きこみ切れなかったエピソードがあって、無念です。
 彼が自分のことを「人付き合いが下手だ」と思いこんでいる件は、完全に言い訳になってしまうのですが、「本当は思いやりのある人間なのに、母親の言葉のせいで、自分自身のことを人の心のわからない人間だと思い込んでしまっている」というような描写をしたかったんです……。が、力がたらなくて、ちっとも伝わるように書けていません。悔しいです。この悔しさを覚えておいて、今後に活かします。

 温かいお言葉の数々、ありがとうございました!


> 尚文産商堂さま

 ありがとうございます。登場人物の内面については、もっと書きこみたかったのにどうも力及ばず、メインストーリーをなるべくシンプルにという方針との間で、うまく折り合いをつけきれませんでした。拙い筆ながら、何かしら伝わるものがあったのであれば嬉しいのですが……。
 ありがとうございました。


> 鹿目咲さま

 ありがとうございます。一話目(から四話目くらいまでにかけて)、ひどく冗長で退屈なものになってしまっているような気がして冷や汗をかいていましたので、一話で感情移入していただけたとのお言葉が、とても嬉しかったです。

 ジンの姉については、もうひとつふたつエピソードを入れるつもりでいたのですが、いざ書いてみたら入れきれませんでした……。無念です。
 ジンのコンプレックスのことも。もっと読んでくださった方にちゃんと伝わるように書ければよかったです。

 わたしは自分自身がものすごくコンプレックスの強い人間で、この子の話はいつかどうしても書かなきゃいけないと思っていたので(彼がエトゥリオルという具体的な姿をとって頭の中にやってきたのはここ一年くらいの話ですが)、彼の劣等感を身近に感じていただいたとのお言葉が、とても嬉しかったです。
 温かいお言葉の数々、ほんとうにありがとうございました!


> 早川みつきさま

 ありがとうございます。SFの皮を被った青春小説でした……もっとSFSFしたものが書けるだけの頭が欲しかったです(涙)

 視点、どうしても俯瞰視点で書きたいシーンと、それぞれの人物の視点で書きたいシーンがあって、苦肉の策でした。おなじ混在させるにしても、もうちょっとうまいスムーズな処理がなかったものかと、悔いが残っています。

 世界観も、もっと書きたかったです。舞台がせまくなってしまったこと、いまでも悔やまれます。
 自分で作った設定が自分の首を絞めた格好になってしまいました……。構想当初は、ジンが出張でほかの土地に行く話なども書くつもりだったのですが、いざ具体的にプロットを切ってみると、書く隙間を見つけきれませんでした。無念です。

 ここで書くことではないかもしれませんが、書いていた当時からたびたび励ましていただきました。本当にありがとうございました!


> 秋原かざやさま

 ありがとうございます。もったいないようなお言葉を頂戴しました。
 一話あたりの分量、長いですよね……。個人的な感覚ではかなり短く絞ったつもりなのですが、なろうさんの平均からするとまだ長すぎるんだろうなという気は、薄々していました(汗)
 それでなくてもオンラインノベルの読者さまがたは、見切りをつけるのが紙の本よりも早い傾向がありますし、もっと短いスパンできっちりと山谷を作れるようになりたいです。精進します。

 ベイカー女史がお気に召していただけたとのこと、嬉しく思います。ジンのエピソードのフォローもありがとうございました。仰るように、メインになるエトゥリオルのエピソードに絞ろうという気持ちがあり、といって削りすぎてもジンがエトゥリオルを飛ばせたいと思う動機が薄れてしまうと、悩んだ挙句のことでした。それにしてももう少しなんとか出来たのではないかと、悔いが残っています。

 温かいお言葉、本当にありがとうございました!


> 鳥野新さま

 ありがとうございます。過分なお言葉を頂戴して、汗を掻きつつ喜んでいます。

 斬新なアイデアとか、凝ったストーリーとかいうことがすごく苦手で、もう自分は愚直に正面からいくしかないと、半ば開き直っている身です。一方で読者として古今東西の物語を追っていけば、どこにも目新しい要素がなくても、時代を超えて読み手の心に響く物語というのはいくらでもあって……。
 ベタと普遍を隔てる何かがあるんだろうなと、近ごろよく思います。そういうものに、半歩でも近づけたのであれば嬉しいですし、まだまだベタの粋を出ていないとも思います。

 エトゥリオルの不遇について、たしかに仰るとおり、もっと印象深く書けたはずと思います。今回、書きたいと思った物語に対して、力が足りずに書ききれなかった部分が多く、悔いがたくさん残っています。この悔しさを忘れずに、引き続き精進してまいりたいと思います。

 身に余るお褒めのお言葉を賜りました。ありがとうございました!


> 海苔島まさぴさま

 ありがとうございます。アクのない文章、目指しているので、お言葉がとても嬉しかったです。
 書き手が自分をさらけ出して前面に出てくる小説と、書き手の存在を読んでいるあいだ忘れさせる小説、どちらがいいということでもないけれど、自分では後者を目指しています。だけど今回、どうしても語り手が俯瞰する視点で書きたい場面がいくつかあって、おかげでいつになく文体に苦労しました。自分で読み返そうとすると、文章のぎこちなさに苛々するのですが(汗)、話を追うことに専念できたとのお言葉に、ひとまずほっといたしました。

 謙遜しておられますが、螺子街を拝読して「やられたー!」と叫んだ身としては、素直に受け取りがたいものが……でも嬉しいです。ありがとうございます。
 温かいお言葉、ありがとうございました!


> 四十万さま

 ありがとうございます。構成力が足らず、何を書いていてもついつい冗長になってしまう傾向があるので、今回何度となくプロットを見直して、書いた部分をまた書きなおしてみたり削ってみたりと、初稿にせよ推敲にせよ、かなり悪戦苦闘しました。
 文章も同様で、どうしてもこの文体で書きたいと思ったいくつかのシーンがあったがために、普段は使わない文体とスタイルに挑む羽目になりまして、何ともぎこちなくいびつな仕上がりになってしまいました。おかげでいま、自ら読み返すに堪えません……。
 が、頁を捲らせる力があったとの評に、少なくとも多少なりと苦労の甲斐はあったのかなと、報われる思いです。

 ご指摘についてはまったくもって仰る通りで、人物造形等々、もっとやれたはずだと、自分でも思います。悔しくもありますが、もっと書けるといってもらえることは、嬉しくもあります。
 この悔しさを胸に、引き続き精進したいと思います。ありがとうございました!


> 泰然寺寂さま

 ありがとうございます。もう自分にはベタしか書けないと開き直っているものですから、それならそれで、もっと正面突破力を身につけないといけなあと思います。
 異文化交流は、自分の中でも重要なテーマなので、本当はもっと、そのあたりもきちんと書きこみたかったです。異星人文化の異質さを演出するだけの知識と能力がなかったことが悔やまれます。
 文章をお褒めいただいて嬉しかったです。自分では、うまく書けなくてぎこちなくなってしまったと、肩を落としていましたので、おかげさまで少し浮上いたしました。ありがとうございました!


> 桐谷瑞香さま

 ありがとうございます。反対派の意見について、拾っていただいて嬉しかったです。
 身の程しらずを承知で申せば、世界を丸ごと描くというのがやはりひとつの理想で、けれどそのためには知識も演出力もまったく足らず、悔しい思いをかみしめながらの脱稿でした。わたしに力があってもっとそのあたりをきちんと書ければ、彼らがマイノリティであることが、しっかりと浮き出てきたのではないかと思うと、いまでも悔しいです。

 エイッティオ=ルル=ウィンニイに感情移入していただけたとのこと、これもとても嬉しかったです。自分では思い入れのあるキャラクターだったのですが、力不足できちんと書ききれなかったなと、やはり悔いが残っていました。小説を書いていて、ときおり書き手としての表現力不足を、読み手の方の想像力や感性で補っていただいたと感じる機会があります。ほんとうに有難いことです。

 ジンの姉との関係は、その後をちらりと書くつもりでいたのですが、構成力が足らずに、話の流れを邪魔せずに入れるタイミングを見つけきれませんでした。無念です。この悔しさを糧にして、今後に活かしたいです。

 こちらこそ素敵な感想を、ほんとうにありがとうございました!


> ねぎ様

 ありがとうございます。惑星ヴェドの設定については、頭脳も知識も足りない中で慣れない勉強をしながら、ファイル一冊とノート三冊使って、めいっぱい膨らませていました。
 その分、うっかりすると話に関係のない設定ばかりつらつらと書いた退屈な小説になるぞという頭があって、話に関係のない部分は極力書くまいと、取捨選択に苦労しました……。
 それでもどうしても出したい欲を抑えきれなくて、冗長になってしまった箇所もいくつもありましたが、こんなふうにいっていただけて、苦労した甲斐があったと思えました。

 冒頭についてのご指摘も、ありがとうございます。わたし自身があらすじを読まない派ですので、なるべくストレスなく設定が入ってゆくように……という意識は一応はあったのですが、「トゥトゥって何だ? 人間じゃないのか?」というようなツカミを作りたくて、いきなり名詞を入れてみたんです。いま振り返ってみると、いかにも浅はかでした……(汗)お恥ずかしいです。

 物語に入り込めたとのお言葉がとても嬉しいです。ありがとうございました!


> イトマキエイさま

 ありがとうございます。実はこの掲示板とは別の場所で、もうおひと方、べつの方からもツルが標高の高い山脈を越えるような場面を想像されたというご意見をいただいていました。
 クライマックスシーンがアレでしたので、あまり高空を飛べるようだと都合がわるいというストーリー上の制約があって、こういう設定にせざるを得なかったのですが、なんとかそういう素敵なシーンが入れられればよかったなあと、悔しく思います。またあまり高い空は飛べないという設定も、もう少し早めにさりげなく提示できればよかったなあと。細かい配慮が行き届きませんでした。お恥ずかしい限りです。
 ほかにも通過儀礼等、風習や民俗的な部分をもっと情緒的に盛りこめればよかったなと思います。

 エトゥリオルをとりまく偏見や悪意は相当にあった(経済的事情も逼迫している)のですが、これは描写不足のために、読み手の方にその切実さがきちんと伝わるように描けていないのだと思います。就職がすぐに決まった理由も、エトゥリオルの能力や会社の状況などの描写をした際に、そのあたりの説得力を感じさせるように書けていなかったのだろうと思います。無念です。

 このような粗だらけの小説を丁寧に読みこんでくださった上に、フォローまでありがとうございます。色々と書ききれなかったことも多く、悔いの残った作品ではありましたが、この悔しさを胸に、今後も精進していきたいと思います。ありがとうございました!


> 神沢翠さま

 ありがとうございます! 机のシーン、せっかくのSFというのに、あまりにも身近なちんまりしたことをしつこく書きすぎたかなあ、退屈じゃないかなとハラハラしていましたので、こんなふうにいっていただけて、すごく嬉しいです。
 科学考証、じつはあまり出来ていなくて、内心では冷や汗だらだらだったのですが、化けの皮、剥がれてませんでしたでしょうか(汗)
 いただいたお言葉を励みにして、精進してまいりたいと思います。温かいお言葉の数々、ほんとうにありがとうございました!



スレッド記事表示 No.3 マルゴ・トアフの銀の鳥/HAL.A【レベル3】  空想科学祭実行委員会 2012/07/29(日) 00:24 [ 返信 ]
   ┣No.120 感想 流山晶 2012/08/13(月) 19:45
   ┣No.123 RE:マルゴ・トアフの銀の鳥/HAL.A【レベル3】 緑乃帝國 2012/08/14(火) 17:06
   ┣No.125 作者様、申し訳ない【レベル3】 ゲゲゲの戯 2012/08/14(火) 18:34
   ┣No.131 【ネタバレ含む】感想 鄭文ういな 2012/08/15(水) 21:29
   ┣No.134 面白かった〜 マルゴ・トアフに行ってみたいです〜【レベル3】 招夏 2012/08/16(木) 00:02
   ┣No.227 RE:マルゴ・トアフの銀の鳥/HAL.A【レベル3】 尚文産商堂 2012/08/22(水) 10:41
   ┣No.244 【ネタバレ注意】飛べない鳥が飛ぶとき 鹿目 咲 2012/08/23(木) 13:10
   ┣No.254 RE:感想です 早川みつき 2012/08/24(金) 13:38
   ┣No.262 リオの飛行機に乗れるのなら、ぜひとも乗りたい!! 秋原かざや 2012/08/24(金) 17:16
   ┣No.340 癒される美しい物語 鳥野 新 2012/08/27(月) 20:52
   ┣No.344 RE:マルゴ・トアフの銀の鳥/HAL.A【レベル3】 海苔島まさぴ 2012/08/28(火) 09:45
   ┣No.622 RE:マルゴ・トアフの銀の鳥/HAL.A【レベル3】 四十万 2012/09/09(日) 22:50
   ┣No.675 RE:マルゴ・トアフの銀の鳥/HAL.A【レベル3】 泰然寺 寂 2012/09/12(水) 16:28
   ┣No.845 【ネタバレ有り】感想です 桐谷瑞香 2012/09/23(日) 01:56
   ┣No.935 すばらしい【ネタバレあり】 ねぎ 2012/09/28(金) 12:00
   ┣No.1003 感想【ネタバレ】 イトマキエイ 2012/09/30(日) 20:57
   ┣No.1007 感想です【ネタバレあり】 神沢翠 2012/09/30(日) 23:31
   ┣No.1019 返信です HAL.A 2012/10/01(月) 00:10
   ┣No.1086 感想です。 深緋 2012/10/08(月) 15:31
   ┗No.1091 返信です HAL.A 2012/10/08(月) 17:38

  




無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace