空想科学祭FINAL感想掲示板

空想科学祭FINALにようこそ!
今回は、作者側から事前に「感想耐性レベル」を伺っています。
詳しくは、企画サイトの作品リストをご覧ください。
なお、スレッドは実行委員会で立てますので、ご了解ください。


★読者さんにお願い★
・耐性レベルより辛口の感想をつけないように配慮する。
・誹謗中傷にあたるような書き込みをしない。
・他人の書き込みに、いちゃもんをつけない。

★作者さんにお願い★
・作者からのレスは、企画終了後に纏めておこなうこと。
・自分の示した耐性レベルより
  辛口ではないかと思われる感想が書き込まれても逆上しない。


[207] 3Dの教室 /恋夢 【レベル3】 Name:空想科学祭実行委員会 HOME 2012/08/21(火) 09:01 [ 返信 ]
 3D映像が高校の授業でも使われるようになったこのご時世。飛び出す数学の図形、飛び出す英文字、飛び出す黒板など、様々なものが3D化されていた。そんな学校での、ちょっと不思議な物語。

http://ncode.syosetu.com/n6056bh/



[214] 「少し不思議」を突きつめる 【レベル3】 Name:ゲゲゲの戯 2012/08/21(火) 20:49
少し不思議な物語である。
SFというと、「どうしてこうなったか?」「なぜこうなっているのか?」が強く問われる分野であるが、作者様自身が『少し不思議』を宣言しておられるので、その辺には目をつぶったほうがいいのだろう。言うなれば、機械仕掛けの虚構として本作を鑑賞するのが正しい。

個人的には、大まかな流れはいいと思うのだが、ディティールに少し疵があるように思う。たとえば、主人公の先生に対する思慕の想いが少々唐突に思える。「少し不思議」であるからには、理屈以外の部分で読者を納得させて欲しい。
そして、実は「理屈以外の部分で読者を納得させる」ことは恐ろしく至難なことだ。
作者様は受験生とのこと、受験が終わった後にでも、是非とも「少し不思議」を突きつめてみていただきたい。それを突きつめるだけの筆力は、この作品の中で既に発揮されている。


[263] 近未来SF【たくさんネタバレ含む】感想 Name:鄭文ういな 2012/08/24(金) 20:39
 ここの感想返信は来年になるのですかね。受験の意味でも、その後の創作の意味でも応援しています。ガンバッテ!

 さて、以下あくまでも一意見です。あしからず。

 去年の企画作(あの純愛ループ物)のノリで読み始めたので、ホラーテイストには驚きました。
 この作品はつまり、「科学の産物」の視点に立った作品だと考えると合点がいきます。学校(生徒・教員含む)はつまり、3D技術を応用した「商品」なのではないのかと。理事長は「消費者」であり、娯楽として3Dのデータを操作しているのではないのかと。そう解釈しました。
 なので恋については、ラストの「バグ」らへんでしっかり納得できました。あくまでも万里はデータなのだから、他の生徒が先生に恋しているデータが万里と混同する「バグ」が生じて、万里は先生に恋したのではないかと。勝手な解釈ですが。そう思わせるだけの材料はしっかり提示されていたと思います。(たとえば、「様々な想いが雪崩れもつれ、ぐちゃぐちゃになる。どれが自分の本当の感情なのかさえ分からない。」という二文など)

 執筆おつかれさまでした。


[312] RE:3Dの教室 /恋夢 【レベル3】 Name:武倉悠樹 2012/08/26(日) 21:18
 始めまして、武倉と申します。御作を拝読しましたので、感想をしたためさせて頂きます。

 SFのギミックを活かし、見事に胸がざわつく読後感を演出しているストーリーだと思います。
 プログラムがバグを起こし、自我に目覚めたり、自分がプログラムだというメタ的な視点を有したりと言う展開はよくありますが、その出来事が、自身に災禍として降りかかるというのはやるせませんね。

 気になった点としては、先の感想にも書いておられる方が居るように、展開を読者に納得させ感情移入をさせる、運び、でしょうか。
 短編ということで分量も限られ、難しいこととは思いますが、設定とあらすじから一歩踏み込んだストーリーテリングをなさると、一層、設定や読後感の引き立つ作品になったのではないでしょうか。
 
 乱筆乱文、お許し下さい。
 理事長の理不尽な振る舞いに少しばかり憤りを感じ、作中のキャラに対し「理事長、あんた自身もプログラムじゃないという保証は何処にもないけどな」と毒づいた武倉でした。

 それでは、執筆お疲れ様でした。


[550] 心地よいファンタスティックさだ【ネタばれ有り】【レベル3】 Name:饅頭よ永遠に 2012/09/06(木) 17:27
こんにちは、拝読しましたので感想です。
実はレベル3の加減が一番難しいんだよなぁなんてぼやきをこんな所で。処々、加減具合が作家様の感覚と相違ございましても何卒ご容赦下さい。そいでは行ってみよう☆

心地よいファンタスティックさだ。読了でそんな感じを受けました。
(ファンタスティック:空想的・幻想的なさま。風変わり、とも)
でも3Dという、立派な科学。そこは文句なしですね。
主人公が学生の女の子ですから話の流れにしても女の子の方が受けやすいのかなーとも思いますが、チャイム等、幻想感に包まれてのホラーテイストでした。

じゃあ結局、このお話は何やねんと言われると。SF!(笑)
少し不思議のほうですね。そうですね(笑笑)さて。

話の流れはいいのですが読んでいて、ひとつだけ。先生が生徒を引き止めた理由は何かな? 違和感の前に。そしてその後に、感情のプログラミングについて触れている。
バグるには原因があるはずなので、それの提示を先に入れて下されば、唐突感は失せたはずなのです。ちぃとそこが気になりました。

そして最後に理事長さん理事長さん、バグは直しなさいよ(笑)。ツッコミました。変わっているのだから仕方ないか〜。

ではでは、良い時間を頂きました。
おつかれ様です☆


[551] ダイヤの原石かもね Name:元隔離部屋ハンドシェイカーより 2012/09/06(木) 19:40
 オチだけ見たら、よく出来たお話だったのだけど、そこにいたるまでが唐突だったかな。あと人称も統一した方がいいかな。この話の場合一人称でせめた方がよかったかも…… なんて思いました。 作者さんはきっと欲張りなんだ(笑)

[556] RE:3Dの教室 /恋夢 【レベル3】 Name:インチキ堂のおやじ 2012/09/07(金) 00:13
不思議な感じのストーリーで、先へ先へと引っ張られ一気に読み終えました。
よかったです。気になったのは、先生に対する恋心で唐突感が。
しかし、システムのバグなら感情が入るはずはないので予感させる記述がないのも正解ですね。
発想がいいいので話の運びや表現をもうちょっと工夫すれば、設定をもっと効果的に使え、かつ面白さももっと引き立っただろうと思いました。


[712] 3Dの教室 で授業を受けたい〜 Name:鳥野 新 2012/09/16(日) 16:02
 もし、3Dで授業があれば、図形なんかはずいぶんわかりやすいと思うけど、数式はなあ〜、あんまり変わらないんじゃないかな。でも、最初は学校に行くのが楽しみで仕方なくなりそう。3D映像で古代の人物が直接歴史を説明してくれたら、間違いなく私は歴史フリークもなるなあ。などど思いながら楽しく読ませていただいた。
 途中の、わりと唐突に思える恋心も、「危ない体験」を二人ですると「吊り橋効果」でドキドキを恋と勘違いしてしまい実際に恋をしてしまうということもあるので、なるほど、アリかなあと思ってしまった。
 さりげなく伏線が散りばめられていて、お見事。きれいにまとまった一編だった。


[821] RE:3Dの教室 /恋夢 【レベル3】 Name:右野 前条 2012/09/22(土) 01:33
アイディアもオチも、この手の題材のお約束を踏襲している王道。
途中の展開が急ぎ過ぎであるのが、些か物足りない。
掌編ならば、このスピード感でもよいが、短編枠ならば、もっと字数をかけて展開してほしかったとは思う。
骨組みは良いので、あとはもっと肉を付けて、味付けに一工夫を凝らせば化けるだろう。


[844] 【ネタバレ注意】学生らしさがいいです Name:鹿目 咲 2012/09/23(日) 01:51
 受験生さんの作品、ということで、身近な教室を舞台に持ってきたのは好感が持てました。自分の手の届くところで、こういうことが起きていたら〜というのは、小説を書く上では基本ではないかと思います。
 先生と生徒の危ない恋(?)も、一度くらい夢見たって良いじゃない☆みたいな感じがよかったですね。格好いい先生など一人もいなかった学生時代を振り返って、ちょっと寂しくなりましたが……。
 オチはオチで、何となく途中から分かってしまうんですが、もうちょっと丁寧に書いてもよかったかな。腕が消えかけて〜のあたりから先は、読者がもっとも食いついてくるところなので、書きすぎているかも知れないくらいゆっくりと説明しても良かった気がします。
 最後、理事長で更なるオチを狙ったところは、構成的に◎でした。
 去年の作品と比べて、ずっと読みやすくなっています。今後が楽しみです。


[867] 【ネタバレ有り】感想です Name:桐谷瑞香 2012/09/24(月) 23:48
前半と後半の雰囲気が全然違い、読み終えて呆然としてしまいました。
まさかこんな展開になるとはまったく予想していなかったので。

前半部は淡い恋心を挟んだほのぼのとしたお話。立体図形を3Dで教えてもらったら、さらに楽しく理解が進んだろうなとしみじみと思いましたね。
そして後半部は少々急で怒涛過ぎる、驚きのラストへ。本当にびっくりしました、ほのぼのからホラーへと気が付けば移っており……オチも理事長を出したことで上手くまとまったなという印象でした。万里の告白がとても切なかったですね。機械はもしかしたらいつか心を持つかもしれない、それは映像でも言えるのかもしれない……と、ふと思いました。

少々コメントさせていただきますと、既に述べられている通り、あまり主人公に感情移入できなかったところです。また特に後半があっさりと進み過ぎて、置いてきぼりくらったように感じました。

ほんのりと哀愁漂うお話でした。どうもありがとうございました。


[885] RE:3Dの教室 /恋夢 【レベル3】 Name:尚文産商堂 2012/09/26(水) 14:14
プログラミングされた部屋の中での生活というのは、SFのテーマとしてよくあるパターンですが、それは見せ方ひとつで大きく作品を変えてしまうという気持ちで読んでいました。
この作品は、それがいい方向へと変わっていったと思います。


[1101] えっと、返信です。 Name:恋夢 2012/10/10(水) 18:50
 はじめまして、恋夢です。
 若干出遅れてしまった感がぬぐえませんが、結果発表だけは何日か前に確認しました。
 返信が遅れたのは今日まで試験だったからです(言い訳)

▼ゲゲゲの戯さん
 機械仕掛けの虚構、って凄いセンスだなぁと思いました。
 言葉の響きが素敵ですね。
 少し不思議だと思ってくださったのなら幸いです。

 確かに、かなり唐突に「好きだ!」ってなってしまいましたね(笑
 そこら辺は投稿した後で後悔しました。
 理屈以外の部分での納得、なかなか難しそうですが頑張ってみます!
 来年の夏にでも、またSukoshiFushigiに挑戦してみようかしら。
 と、調子に乗ってみたり←

 感想、どうもありがとうございました!

▼鄭文ういなさん
 ご期待を裏切って今日となりました、だって気になって仕方がないんですもん!←
 応援ありがとうございます、励みになります。

 なんと、去年の作品も読んでいただけたのですね。
 言われてみれば、去年と今年ではテンションの差(?)が激しいような……。
 驚かれるのも無理はないんですかねぇ。
 えっ、でもホラーのつもりはかけらもなかったんですけど!!(笑

 解釈のことですが、私は確かにそういうようなイメージで書きました。
 筆力不足のせいで書きたいことが書き切れてない、伝わっていないというのはなかなか悔しいです。
 自分の力不足!! あぁ悔しい!
 次はもっとわかりやすく、焦らず書こうと思います。

 感想ありがとうございました、受験頑張ります!

▼武倉悠樹さん
 ご丁寧にありがとうございます。
 拙作を読んでいただいて嬉しいです。

 胸がざわつく読了感……。
 ほ、ホラーを意識したつもりはないんですぅ……(笑
 明らかにこの作品が「サイエンスホラー」というカテゴリに入っているようで、私としては「ベタ甘純愛」くらいに思っていたので、少々フクザツだったり。

 やっぱり、少し焦りすぎましたね。
 一つ言い訳させていただきたいのですが、実はこれ、拳編に出場させるつもりだったんですよ。
 投稿してから驚きました。
 「これって短編だったの!?」みたいな。
 
 なるほど、踏み込んだストーリーテリング。
 昨年も思いましたが、この場所はとても勉強になります。

 感想、どうもありがとうございました!
 理事長がプログラミング!? 何段オチになっちゃうの、面白い! とか思ってしまった恋夢でした。

▼饅頭よ永遠にさん
 面倒なレベルにしちゃってすいません、レベル3って作者側から見たら凄く便利なんですけどね(笑
 何でもどんとこいなのです、ではレッツラゴー!

 心地よいファンタスティック……!
 お、恐れ多いです……うああ。
 だけど、何度も言ってますがこのお話はホラーなんかじゃないんですー、という主張をここでも。
 
 い、痛いところをつきますね←
 SF(笑
 むしろSukoshi Fantaji-なのは自覚済みです申し訳ありませんでした!

 指摘されて漸く気づきました。
 と、唐突感の原因はこれか!! と。
 言われてみれば確かに、先生の発言が唐突なんですね。
 ここら辺で私の筆力不足がさらけ出されています。

 バグを直せとのことで。
理事長「直しちゃったらつまんないわ!」とか想像しました。

 とっても参考になるアドバイスでした。
 感想、どうもありがとうございました!
 
▼元隔離部屋ハンドシェイカーさん
 人称統一!!
 そうですね、この短さだと一人称の方が読みやすかったかもしれません。
 作者の書きやすいもので突き通してしまいましたが……今思えば独りよがり←
 
 自他共に認める欲張りな私です。
 他人のモノは私のモノ、私のモノも私のモノ(笑

 ダイヤの原石という言葉が嬉しかったです。
 磨きをかけねば!
 感想、どうもありがとうございました!

▼インチキ堂のおやじさん
 ぐいぐい引っ張って行けたのなら嬉しいです。
 引っ張りすぎて誰も着いてきていないなんてことがなければいいのですが。

 なるほど、バグだったら恋心を予感させてはいけないんですね。
 き、聞けば聞くほど厄介な問題です……うああ←
 お話の運びに表現の工夫ですね、参考になります!

 これから頑張って筆力を磨こうと思います、アドバイスありがとうございました!
 感想、どうもありがとうございました!

▼鳥野 新さん
 3Dの教室で授業を受けるのは確かに楽しそうですね。
 授業に集中は出来なさそうですけど(笑
 古代の人もいいですけど、織田信長とかが出てきたらとりあえず握手しちゃいそうです。
 ミーハー心がうずく……!
 
 吊り橋効果……そうですね、実際に同じ状況になったら、私も恋をしてしまうかもしれません。
 伏線をばらまくのは楽しかったです。
 ていうか最早タイトルが伏線、むしろネタバレなんですが。
 
 感想、どうもありがとうございました!

▼右野 前条さん
 王道を意識して書いた(つもり)なので、バレた! という心境です。
 そ、そうなんですよねー、まさかの短編枠っていう……。
 勘違いしていたせいで、他の短編枠の方々は連載なのに私だけ短編(そのままの意味で)っていう……。
 凄く浮いてましたね、もう開き直るしかないんですけど!

 もっとお肉をつけて味付けに一工夫、上手に出来るように頑張ります!
 って、私が言うと何だか変な感じですが。
 感想、どうもありがとうございました!

▼鹿目 咲さん
 実はこの作品、授業中に思いついた作品で。
 「舞い降りた! 何かが!」と、数学のノートにがりがりプロット(というか落書き)。
 
 この作品の裏コンセプトがどうやらバレてしまったようで。
 否、実は表コンセプトだったりするんですけど、それはさておき。
 「先生と恋してもいいじゃん!」みたいなお話が書きたかったのです。
 それを無理矢理SFに押し込め……ごほん、組み込んだせいでこんなお話に。
 ちなみに、私の学校にも格好いい先生なんて居ません、ご安心を(笑

 ね、ネタバレしてましたか……!
 悔しいです、あああ悔しい!←
 腕が消える辺りの描写は、確かに薄い(少ない?)ですね。
 これからは「ゆっくりゆっくり」を目標に書いていこうと思います。
 ……私が書くと、ただのぐだぐだ小説になりそうで怖いですが。
 
 理事長の存在がどうやらいろんな意味でウケられているようで嬉しいです。
 
 去年の自分を越えることが出来たというのは、何だかほっとしますね。
 ご期待に応えられるよう、今後の執筆活動にも気合いをいれていきたいです。
 感想、どうもありがとうございました!

▼桐谷瑞香さん
 ギャップというやつですね←
 ごめんなさい調子に乗りました。

 ほのぼの、そうなんです!
 私が求めていたものはそれなんです!
 決してホラーなんかじゃ……ホラーなんかじゃないんです!
 いい加減うざいくらいに主張しますが。
 
 感情移入できないというのは、他の方からも言われましたが、自分で読み返してもそう思います。
 うー、難しい。
 あっさりしすぎとのこと、これまたごもっともですね。
 置いてきぼりをくらわせてしまったようで……すみません←
 これから改善していこうと思います。

 哀愁が漂っていただなんて、自分では信じられませんが嬉しいです。
 感想、どうもありがとうございました!

▼尚文産商堂さん
 よくあるパターンを目指していたので、そう言っていただけると幸いです。
 作品がいい方向に変わったというのも嬉しいです。
 
 感想、どうもありがとうございました!

▼、
 えっと、電脳空間賞、ありがとうございました!
 凄く嬉しかったです。
 空想科学祭は今年で終わりですが、来年の夏もまたSFを書きたいです。
 たくさんのアドバイス、どうもありがとうございました。
 
 それでは。



  



無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace