空想科学祭FINAL感想掲示板

空想科学祭FINALにようこそ!
今回は、作者側から事前に「感想耐性レベル」を伺っています。
詳しくは、企画サイトの作品リストをご覧ください。
なお、スレッドは実行委員会で立てますので、ご了解ください。


★読者さんにお願い★
・耐性レベルより辛口の感想をつけないように配慮する。
・誹謗中傷にあたるような書き込みをしない。
・他人の書き込みに、いちゃもんをつけない。

★作者さんにお願い★
・作者からのレスは、企画終了後に纏めておこなうこと。
・自分の示した耐性レベルより
  辛口ではないかと思われる感想が書き込まれても逆上しない。


[15] ディラック・アーカイブス/伍代ダイチ 【レベル3】 Name:空想科学祭実行委員会 HOME 2012/07/29(日) 07:47 [ 返信 ]
少年明人はある日、アカシックレコードにアクセス出来るという不思議な雰囲気を漂わす少女と出会う事となる。少女曰く、その二人の出会いも既に決まっていた運命だと語る。アカシックレコードには森羅万象の事象が記録されており、過去も未来も全てを把握出来る力だと言う。だが、明人はそんな少女を不気味に思っていて――だが、ある日を境に明人は少女の力を本物だと知る事となる。

http://ncode.syosetu.com/n6501bh/



[283] 感想 Name:流山晶 2012/08/25(土) 18:18
SFらしい作品です。

アカシックレコードには、森羅万象の事象が記録されているという。主人公はその記録に自由にアクセスし未来を予知できる能力を得ます。そのために狙われ、逃亡し…… そもそも、なぜ、森羅万象の事象が記録されているのだろうか。
そんな、魅力的なガジェットであるアカシックレコードをめぐるお話です。
そして、最後のあっと驚くようなどんでん返し。まさにSFらしいSFです。

内容は素晴らしいのですが、第一話が読みづらかったです。文章に力が入りすぎて、却って読みづらいくなっているようです。内容で十分、勝負できる作品ですので、読者を引きつけるために、平易な文章にしても良かったように思います。

楽しませていただきました。


[329] RE:ディラック・アーカイブス/伍代ダイチ 【レベル3】 Name:尚文産商堂 2012/08/27(月) 15:25
しっかりと作り込まれている作品でした。どんどんと進んでいく話の展開に、ついて行けない時もありましたが、最後まで、気の抜けない、とても良い作品になっていました。

[413] 【ネタバレあり】感想です Name:HAL.A 2012/09/01(土) 15:55
 拝読しました。
 自分でもまだ気付いていない自身の潜在能力のために、突然公的機関から狙われる身になった主人公たち。一種、王道の展開ですが、そのストーリーにどこか奇妙な彼らの世界への謎が絡み合って、飽きずに最後まで読むことができました。
 これはふつうの世界じゃないんじゃないか、と思わせるようなヒントが、序盤から伏線としてほどよく配置されていて、読むほうも「これはもしや……」と思いながら、楽しく先を追いかけられるようになっていたと思います。
 ストーリーのほうも、序盤に事件の起こるのが早く、そこからずっと緩急いれつつ緊張感のある展開が広がってゆくあたりが、しっかりと読み手を飽きさせない工夫がされていて、見習いたいと思いました。

 重箱の隅をつつくようで恐縮なのですが、ひとつ、設定上でちょっと気になったことが。彼女のメールからすると、彼らには現実の世界に肉体がちゃんとあるようなのに、オラクルが自分を何度も若返らせているという文章がありましたが、これ、現実の肉体も若返っているのでしょうか……? 彼の能力はあくまでヴァーチャルの世界で発揮されるものだと思って読んでいたので、そこだけちょっと「あれっ」となってしまいました。(……といいつつ、こちらが大事なポイントを何か読み落としていたら申し訳ないです・汗)

 楽しませていただきました。拙い感想、どうかお許しくださいますよう。


[465] RE:ディラック・アーカイブス/伍代ダイチ 【レベル3】 Name:伍代ダイチ 2012/09/03(月) 02:35
皆さん感想ありがとうございます。嬉しさの余りまともに寝れない伍代ダイチです。
HAL.Aさんが質問(?)をくださいましたので、この場を借りてお答えしようかと思います。
 単純に私の記述漏れなのですが、実は、現実世界の肉体は歳を取らないように管理側の機械によって薬漬けにされています。ディラック・アーカイブスは私の別の小説『Log-in the DIVID』の別世界(別のサーバー)のお話、となっていまして、そちらの方に記述をしていたため、自分の中でこんがらがってしまったのかと思います。
 申し訳ないです。
 現実世界のお話もまた、DIVIDに書く予定ではいますが、あくまでこの作品は空想科学祭用の作品ですので、勧誘のような真似はしたくないと思っております。実際、そうなっているのが申し訳ないのですが。
 とにかく、感想をありがとうございます!
 今の今まで感想掲示板の存在に気付かず、見てみて感想がなかったら悲しいなー、なんって思っていたのです(泣
 これからも邁進します。質問等気軽に受け付けますので、皆さんも気になった点ございましたら、ここにでもお願いします。
 失礼しました。


[518] ※伍代さんへ 返信は企画終了後ですよ Name:天崎@管理人1号 2012/09/05(水) 13:02
掲示板上部にある【注意書き】をお読みいただいていましたでしょうか。
申し訳ないのですが、投票が控えておりますので、作者からの返信はご遠慮ください。
全ての日程が終了してから、返信してくださいね。

伍代さんの書き込みはそのままにさせていただきます。
なお、この書き込みに対する返信は不要です。


[546] 【ネタバレ注意】ぐいぐい引き込まれます Name:鹿目 咲 2012/09/06(木) 11:20
 面白かったです。実は……というオチも、それまでの経過も、良く組み立てられてると思いました。
 世界観が、変だなと思ったんですよ。穴があくとか、妙に強いDF(出来れば、何故DFなのか、英訳入れていただければありがたかった)の連中とか、アクセスの仕方とか。これが、そういうオチに繋がってるんだと分かったとたん、嬉しくなりました。お、面白い、これ、みんな読めば良いのにって。
 ちょっと気になった点はあります。
 コネクトが生まれた時点で埋め込まれること。面白い設定ですが、赤ちゃんや幼児だと誤作動起こしそうで怖い……。ちょっとだけ説明足していただきたかったです。
 もう一つ、「近未来的」は、近未来的な都市の表現に合わないように思います。私たちが過去の人間にとって未来人であるように、近未来都市のなかでは、近未来的なのは常識なんですから、もうちょっと他の語句を使って欲しかったところです。ちょっと難しいかも知れませんが、言葉の選び方一つでイメージが違ってくるんじゃないかと思いました。
 明人がちょっとチート過ぎるような気もしましたが、そこは面白かったので、目をつむるとして……。
 実は番外編でしたというのを読み終えてから感想欄の書き込みで知り、ようやく、最終話の意味が分かりました。本編に繋げるような書き方は、作者的にはやりたくなるところだとは思いますが、一本の作品として読む人が多い事を考えると、最終話はない方が良かったのではないかと思いました。


[891] 【ネタバレ含む】感想 Name:鄭文ういな 2012/09/26(水) 20:23
 以下、あくまでも一意見なのであしからず。

 正統派の俺TUEEE的展開。一本筋の分かりやすいストーリー。そしてオチと、そのときになって気付く伏線。良かったです。
 ただ、少々背景が見えにくかった感がありました。描写の意味でいっているのではなく、たとえばDFが、主人公の見ていないときは動いていないように感じてしまう、背景の欠如を感じたんです。敵役の動きも(直接見せないまでも)想像させるよう意識されればもっと面白くなったかもしれません。ただ、オチを見る限り、もしかしたらこれも演出のうちだったかもしれませんが。もしそうなら申し訳ありません。

 執筆おつかれさまでした。


[894] 謎が謎を呼ぶ逃亡劇 Name:鳥野 新 2012/09/26(水) 21:44
 いきなり追いかけられる主人公。逃亡の中で、自分自身の秘密を知りながら仲間とともに立ち向かう姿はとてもカッコよかった。若干、途中でストーリーを追い切れなくなったところもあったが(ひとえに私の読解力のなさ)、最後の盛り上がりには、どうなってしまうのだろうと引き込まれた。
 エピローグは、なんか神話のようでそれまで息せき切って走り抜けてきた物語がすうっとクールダウンして静謐な雰囲気でフェイドアウトした。不思議な読後感だった。


[1110] どうなっていくんだろうかと走る【ネタばれ有り】【レベル3】 Name:饅頭よ永遠に 2012/10/31(水) 20:44
こんにちは、企画は終わって暫く経過してしまいましたが、拝読しましたので感想を残させて頂きます。

最初から、今後の展開を期待させるような演出、描写が丁寧で離されず、DFやアカシック・チャイルド等ちょい出ししていく感じで序盤から「面白そうだなぁ」と期待しておりました。
ですが、最後に向かうにつれ、句読点が多くなったり語彙が単調になってきたりと目立ってきたのが気になってきて少しペースダウン、オチときて「そうだったのか…」と分かったものの、釈然としないものが残ってしまったように思えました。
最後に、この話が外伝的なもの、という要素を含んでいると知った時、ああそれのせいなのかな…と考えられます。それが無く、前半で物語が走り出したまま期待通り(何に期待していたのかによりますが)の爽快感みたいなのがあったらな、というのが正直な気持ち。スカッとする違った終わりが良かったかもしれません。
そこが残念だったかな、と思いました。

最後がそうでしたが、それを抜きに逃亡劇中は面白く楽しませて頂きました。
最初と最後で主人公の内面の変化があると思いますが、ユイナとの絡みをもっと見たかったな(笑)とか。作家様の悔恨も作品に大いにあると思いますが、ひとまず私からの読後はそんな感じです。

では、遅くなって申し訳ございませんでした。ご執筆おつかれ様でした☆


[1115] RE:ディラック・アーカイブス/伍代ダイチ 【レベル3】 Name:伍代ダイチ 2012/12/04(火) 02:02
おそくなりましたが、皆さん、ありがとうございます。伍代です。
スレを見ていただければ分かるように「やらかして」しまいまして、自重していたら忘れていました。申し訳ないです。

もう遅いとは思いますが、レスにあった質問(疑問)に応えたいと思います。

■DFとは
DFは設定を焦って深く考えていないのですが、「DIVID FORCE」の略です。
メンバー全てが劇中に出てきたようなただのAIではないのですが、そこまでの描写は省かせていただきました。

■コネクトの誤作動の心配
世界が世界なだけにご都合主義で……笑
言われてみて思ったのですが、やはりこれも深く考えてはいなかったです。
これ(コネクト)は「本編」では「携帯」としてます。
最近はARモノの話しも多くなってきたので皆さんのご想像にお任せしても大丈夫だとは思いますが、一応決めるなれば、科学技術の進化で、という事にしておいてください……申し訳ないです。

■近未来的という表現
これは劇中に書いたかもしれない(もしかしたら別の作品に書いたのを勘違いしているのかもしれませんが……)のですが、
科学技術の進化の歴史で革命的に進化した時期がありました。その時に発展し、出現した技術を纏めて近未来化という表現にして、根付いた、という設定があります。あ、後づけじゃないですよ……!!
そこの描写をした方がやはり良かったな、と反省してます。ご指摘ありがとうございます。

■外伝という位置付け、坂月つえー設定
申し訳ないとしかいいようがないです。陳謝します。
やはり私の経験不足が原因のバランス崩壊、読者様への配慮の欠如、だと思っています。
物語が後半に向かうにつれ、語彙が乏しくなったりするのも私の悪い癖です。


最後に。
もう時間は大分経ってしまいましたが、皆さん読む、書くとお疲れ様でした。
空想科学祭は終わってしまいましたが、また、何かイベントがあれば参加したいと思っています。
本当にありがとうございました。
これからも頑張りますので、どうかよろしくお願いします。

また、まだ質問等ある方がいましたら、レスか私のページから連絡をください。
気付きしだいお返事をしたいと思います。



  



無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace